GADSLで環境を改善する

GADSLとはGlobalAutomotiveDeclarableSubstanceListの略で、環境に影響を及ぼす可能性のある物質を使用した材料や部品をリストアップしながら、自動車の製品開発の目標に従来からある品質や安全性の向上を目指す事に加えて環境負荷の軽減も目標に含めて、世界的な自動車業界をあげて環境の保全に寄与しようという取り組みです。

これらの施策は単にメーカーとして達成できれば良いのではなく、費用対効果でもユーザーに価値がある事が条件となっています。

自動車製造の現場では部品の原材料の調達から始まり、運搬や製造過程で消費されるエネルギーも含めて膨大な資源が使用されていますが、生産性の向上と環境に影響を与える部材を減少させるという目標を両立しながらユーザーが満足できる製品を生産できるシステムの構築が大きな鍵を握っています。

そんなGADSLを実現するためには、さまざまな企業が作り出したパーツをひとつに集約して構成されている自動車だからこそ全ての関係各署の協力が必要ですが、日本の大手自動車メーカーを含む多くの世界中のメーカーやサプライヤーはGlobalAutomotiveStakeholderGroup略してGASGに加盟しており、そちらの枠組みでGADSLの取り組みが行われます。

日本の自動車メーカーでは既に前倒しの形で独自のガイドラインを制定し、世界に先駆けてGADSLを実現しようとしています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です