RoHS分析の手法と今後

RoHS分析とは、RoHSに基づき、電気・電子機器内の6つの有害物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭素化ビフェニル、ポリ臭素化ジフェニルエーテル)が許容濃度以下であるかどうか分析することです。

Read More