GADSLの概要と分析する業者の選び方

GADSLという単語は自動車業界でよく話題になるものです。

ではこれはいったいどんなものかというと、GlobalAutomotiveDeclarableSubstanceListの略で世界各国の自動車メーカーの総意により作成された環境負荷が高い物質リストとなります。

このGADSL上では全ての用途において禁止されているものからしきい値を超えて使用する場合は申告が必要となるというものまで、物質はいくつかの段階に分けて設定されているのです。

このようにGADSLでは厳密にそして細かく物質がリストアップされています。なのでGADSL分析を行う際にはその物質全てをきちんとした精度で検査できる機関を選ぶ必要があるのは当然でしょう。その際にやはり注目したいのは実績となります。

様々な検査をおこなっているというところも良いのですが、この検査に対する実績が豊富なところを選ぶのが重要です。

価格だけでなく、きちんと実績を示しているところを選ぶのは必須となります。自動車は様々な工程を経て、そして多くの原材料を使って製造されるものです。

環境負荷の軽減が全世界で叫ばれる中、複雑な工程を経て様々な原材料を使う自動車は特にその環境負荷が論じられることが多くなります。

ですのでGADSL分析についてはできるだけ過去の実績が豊富できちんとした指標を提示しているところを選ぶと良いでしょう。また、ISOなどの第三者機関の認定を受けているところを選ぶというのもおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です