GADSLにおけるネットワークの効果的な活用方法

ITシステム世界は爆発的に進歩しており、従来では想像できなかった様々な影響を様々な業種に及ぼしています。

その中でも特に近年注目されているのが自動車業界における品質管理への応用です。

ITシステムを導入することによりこれまでの手作業による品質管理がシステム的に行えるようになったほか、最新の情報を常に把握し適切に対応することができるようになったことから世界中の自動車業界ではその品質レベルが格段に向上する結果となりました。

自動車業界ではもともと品質管理は非常に徹底されているものがありますが、中でも有害物質の利用に関してはGADSLと呼ばれる規則によって世界的に統一して管理されています。

GADSLでは自動車の製造過程において使用してはいけない有害物質を定義しており、これに定義されている物質は世界的に使用してはいけないことになっていますが新たな物質が発見された場合にこれを展開するまで従来は多くの時間を要していました。

そのためメーカーによっては有害物質を使用してしまうリスクが伴っていたのが実態です。

ITサービスの進化はGADSLを世界的に統一管理することができるようになったほか、様々な情報をメーカー同士が交換することが出来るようになったことで世界規模で自動車の品質を高める結果となっています。

また内容を簡単に参照できるようになったことから最新の情報を把握して適切な対応をすることができると言うメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *