RoHS分析は実績を持つ機関で行いましょう

環境に負荷を与えるものを環境負荷物質と呼んでいます。

対象となるのはRoHS指令で定められている6種類とELV指令で定められている4種類になります。

環境負荷物質を含むものを製造する事が出来ないのがRoHS指令やELV指令で、証明書を発行する目的でRoHS分析を行う必要があります。

RoHS分析は対象となる製品に使われている材料の中に、使ってはいけないものが含まれていないか否かを分析する事で、電子機器に利用が行われているプリント基板に電子部品を実装する時の半田などが対象になります。

仮に、半田に鉛が含まれている場合には、リサイクルを行う時には環境負荷物質が含まれているため、適切な処置を行った上で再生をしなければなりません。

しかし、RoHS分析を行い、鉛が含まれていない製品である事が証明出来ればリサイクルもスムーズに行う事が出来るようになるわけです。

RoHS分析を行っている専門機関は数多くありますが、分析を行う企業は過去の実績を持つ所を選ぶのが大切です。

実績を多く持つ会社の場合には分析によるノウハウがある、設備も充実したものを完備しているため幅広い分析を可能にするなどのメリットを持っています。RoHS分析と言っても、分析を行う物質の種類に応じて分析方法が変わりますし、手法が変わる事で必要な設備も変わる事になるなど、実績がある専門機関には幅広いジャンルの環境負荷物質を分析出来る環境を以ているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *