輸出の前にRoHS分析

この世で利用されている素材には環境に影響を与える物質も含まれています。

特に電子機器は能力を高めるためにさまざまな物質を使って改良が繰り返されています。

性能が高まることで便利になる一方、不要になって廃棄する時に困ることになります。

そのような物質を使わないように制限したのがヨーロッパにおけるRoHS規制です。

規定された物質が含まれている電子機器が流通できないと言うものです。

電子機器をヨーロッパで流通させるためにはRoHS分析を行って、有害の物質を規定以上に含んでいないことを確認する必要があります。素材の全てに対して証明証が入手できれば分析をする必要はありませんが、それはかなり困難です。

特に完成した基板などを利用する場合には利用されている部品が多くて大変です。RoHS分析では鉛やカドミウム、六価クロムなど10種類の有害物質を検出します。

全く含んでいないか規定以内であれば、その結果を保持しておけば問題ありません。もし、予想以上に検出された場合にはその部品を使うことができなくなります。分析自体は自分で行うか、第三者の分析機関に依頼することで行います。

対象となる製品のカテゴリーも家電製品や医療機器など10種類に該当する場合に限られます。

それらに使われている電子機器と呼ばれる部分についてRoHS分析を行います。日本国内においても有毒物質であることは使用を出来る限りしないことが安心につながります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です