年々基準が厳しくなる容器包装分析・食品接触材料

スーパーやデパ地下などで、出来たてのお惣菜や試食品などがプラスチック容器に入れられ美味しそうに並んでいます。

あるいはコンビニなどの軽食コーナーなどではすぐに食べられるように、透明パックで包装されて視覚的にも食欲をそそってくれます。これら、食品・食材に直接接触している容器のことを食品接触材料と呼んで、使用される材料に問題がないか(容器包装分析)は食品衛生法で定められています。

食品接触材料が食品に触れたときの安全性については、食品衛生法で材質・使用用途別に基準が設けられていて、適合しないとなりません。

材料としてはガラス・陶磁器・ホーロー引き製品での溶出試験、一般合成樹脂での浸漬溶出・片面溶出・充填溶出試験などがあります。食品接触材料の具体的な例を挙げると、プラスチック・缶などの金属・ガラス・ビニールなどの包装材・乾燥剤(シリカゲル)・セラミック・印刷インク・ゴム・着色剤・ボール紙・陶器などが相当します。

簡単に言うと、食品や食品添加物を入れたり包んでいるもので、それを授受する場合にその状態で引き渡すものが容器包装で、その容器包装に使われている材料を分析するのが容器包装分析、食品が接触した状態で問題ある物質が溶出しないかの分析もこれに含まれます。

容器包装分析では、鉛・カドミウム・揮発性物質などが含有されていないか、溶出試験では水やアルコールを使用しての蒸発残留物試験・重金属溶出・蒸発残留物試験などが行われます。

容器以外にも食品に触れる機会があるものは、器具として分類され、これは箸やしゃもじ・皿・手袋・鍋・ポットなどが相当します。また台所の電気製品・食品の加工機械なども食品に接触しますのでこれに含まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *