食品接触材料に重要な容器包装分析

食品を提供するさいには容器に入れたり包装するなどして提供されます。

しかし、この容器や包装に使われる素材はさまざまであり、それらにも配慮する必要があります。このような食品に接触するものは食品接触材料とも呼ばれます。

食品接触材料はフードコンタクトマテリアルとも呼ばれていますが、使われる素材によっては食品に対して悪影響を与えるものも存在します。もちろん食品接触するものは日本では法律に則って製造されていますが、海外から輸入したものは不明瞭です。

さらに規制の内容についても各国によって異なり輸出をするさいには容器包装分析を行い基準をクリアしている必要があります。現代の食品製造においては必ず食品接触材料が問題になります。

このためこれらの事業をしていく時には使用している食品接触材料が安全なものであるかを確かめなければなりません。容器包装分析はそれらを確かめる手段のひとつです。

容器包装分析を行うことで安全性の確認のほか、世界的に通用するテストレポートを用意することができ輸出をするさいに相手国のコンプライアンス遵守を証明することができます。

また食品製造のほかにも食品加工に使われる機械や食器、容器そのもののなど食品以外で食品と接触する製品を作る場合にも同様のメリットがあります。

これらを製造しても基準を満たしていなければ販売が許されませんから大きな損失につながるリスクがあります。このため製造段階から容器包装分析を行い安全性の確認を行うことが重要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *