食品接触材料の安全性を確かめる容器包装分析

食品製造業であれば、食品接触材料に関する最新の動向を知っておくと役に立ちます。

食品接触材料とは、商品として出荷する食品を包んでいる容器やパッケージのことを指します。これらは人が口にする食品に直に接触するため、高い安全性を備えている必要があります。

しかし使われている食品接触材料の特徴を知らないでいると、特定の食材に触れた時に何らかの有害な成分が溶出する恐れがあります。これは結果として消費者に健康的な悪影響を与えることになり、商品の回収や被害に対する弁償といった損失リスクをも産みかねません。

食品製造業にとって使用している容器類の性質を知ることは、会社を守るためにも重要なことと言えます。とは言え、日々アップデートされている化学の分野だけに、どの容器にどんな成分が使われているのか全て把握するのは難しいでしょう。

そこで利用したいのが、容器包装分析のサービスです。分析機関の中には器具や容器の衛生試験を行っているところがあり、そちらに依頼することで容器の安全性を確かめることができます。

容器包装分析ではあらゆる容器についての分析を請け負っており、料金を支払うことで特定の物質に関する含有量が判明します。日本には食品衛生法などに基づいていくつかの規格が設けられており、それに該当する物質が含まれていないか試験を依頼することも可能です。

アメリカやEUなどは独自の安全規制を定めています。海外へ輸出している食品製造業なら、こうした基準も満たしているか容器包装分析で測定してもらうと確実です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です