食品接触材料には容器包装分析を

大昔、食品を盛り付けるものと言えば、植物の葉っぱや木を削って出来たものであったり、あるいは土を焼いたものだったと思われますが、ガラスやプラスチック、紙、金属などの素材が比較的簡単に調達、加工出来るようになってからは、それらも盛んに使われるようになりました。

現在では食材などを販売している所では、殆どの場合プラスチック類の容器に入れています。軽いですし、食品に合わせた形に加工しやすく、機械で大量に作れます。また捨てる時も燃えるので手軽です。

また容器にかかる費用を安く出来るため、その分、食品の方にお金をかけることが出来たり、販売価格を安くも出来ます。ところでそういう食品などを入れたり盛るのに使われている材料などを食品接触材料と呼んだりします。例えばプラスチック容器などの食品接触材料は色々な化学物質から作られます。

そのため人体になんらかの影響を及ぼすものが目に見えないほどわずかに溶け出し食品へ移ってしまう可能性もあります。食品接触材料はそういった物質を避ける必要があります。

しかし目に見えるものではないので容器包装分析といった何らかの科学的な分析が必要です。そういう容器包装分析をせずに物を製造すると、思わぬ所で影響を及ぼすこともあります。

例えば赤ちゃんの哺乳瓶などはその先端を常に口に含むことがあります。そこで悪影響を与える化学物質が溶け出していると、生涯に亘り健康上のリスクを背負うことにもなりかねません。

容器包装分析はプラスチックだけに留まらず先ほど挙げた素材なども行った方がよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です