食品接触材料の安全性を守る容器包装分析試験

食器や食品を包装している容器などは日常的に使われているため、その安全性にあまり注目をしていないという方もいるかもしれません。

しかし、食器や包装容器などは直接、食品と接触するものですので、どのような素材でつくられているものかがリスク軽減のためには重要となります。

例えば、食品接触材料が重金属や化学物質であった場合、長時間の包装や食器の使用などでそれらの成分が溶け出して食品に染み込み、汚染されてしまう可能性もあります。

すぐに健康被害がでるほどではないかもしれませんが、使い続けることでリスクは高まるといえるでしょうそのため、こうしたリスクを回避するために食品衛生法によって定められているのが食品接触材料の規格と容器包装分析試験の実施です。

食品接触材料の規格基準は乳および乳製品用と一般食品用にわけられており、さらに材質や使用用途によって細分化されており、使用の際にはその規格基準に適合していることが絶対となっています。

また容器包装分析試験では、主に成分がどのくらい溶出するのかを試験していきます。これもまたどのような材質の容器包装かによって基準となる溶出量の上限が定められています。

単純な溶出だけではなく、片面だけであったり、表面積、充填溶出などあらゆる角度から容器包装分析は行われ、基準をすべて満たす必要があります。

このように普段あまり気に留めることの少ない容器包装は、きちんと安全性を確認された食品接触材料でつくられているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *