食品接触材料と容器包装分析について

食品接触材料とは製造や包装などと食品や飲料製品の保管中に接触する食品用途に認可されている材料のことです。

これらは、ゴムやプラスチック、紙や金属などいろいろな材料で作られる可能性があります。化学物質が材料から食品に漏れ出してしまうことのないように食品接触材料の規制があります。

これは、消費者の健康に影響を与えないように化学物質の食品移行や食品の味の変化があってはいけないことなので規制に基づいて検査を繰り返します。食品接触材料分析は揮発性物質や不揮発性分子、金属などいろいろな物質が関わっています。

人間や動物に有害となる可能性もあるため、モニタリングが必要になります。そのためにサンプルを抽出して検査します。そして、その材料が実際に使用されるまでには何度も試験を行います。

その素材に合わせて必要な試験項目は異なるため素材に合わせた容器包装分析内容の提案をします。材料に関わるものを広範囲で試験をして、結果に応じてアドバイスをおこないます。

細かく説明していくと、商品を包む際に味や匂いが移ってしまうことはないか、ガラスや金属素材から商品に物質が溶け出すことはないか、あとは材質の原料などで含有化学物質が違うので材質の検査をします。

容器包装分析の対象製品は食品の加工やその時に使用する包装機器や家電製品の直接食材と触れ合うもの、食器類やまな板などの台所製品も人間や動物が触れるものなので対象となります。

プラスチック製品や金属製品も対象です。金属製品はよく耳にする金属アレルギーに密接なかかわりがあります。食品接触材料も容器包装分析も身体に安全なものを作ってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *