ハロゲン分析の方法とは

従来から電子機器や付属製品の中には、ハロゲン元素が難燃剤として使用されてきました。

ハロゲン元素とは、塩素や臭素フッ素にヨウ素やアスタチンの5つの元素です。ただしアスタチンは自然界の中ではほとんど存在しない元素であるためそれを除いた4元素の分析を行います。

ハロゲン元素が使用されている商品を廃棄・消去した際に燃焼条件によってダイオキシンなどが発生して環境汚染となってしまいあす。製品の製造過程によっては設備の劣化などの悪影響を及ぼします。

ハロゲン分析は、一般社団法人日本電子回路工業会においてハロゲンフリーの定義値が示されており、代替品への移行が推進されております。ハロゲン分析を行うことによってハロゲン元素の含有率を調べ、塩素と臭素は900ppm以下に塩素及び臭素の含有率総量は1500ppm以下になるようにすることが推奨されております。

ハロゲン分析の際の試料量は一回の分析で20㎎から50㎎ほど使用することになります。確認のためには何度も分析を行うことがあるため、5g程度あれば余裕を持った分析を行えます。

行い方は試料燃焼のイオンクロマトグラフ法という方法を使い加熱した石英燃焼菅の中にアルゴンを導入し試料を燃焼させます。

他にもフラスコ燃焼法ボンブ燃焼法燃焼菅法などの方法を使い生成した燃焼ガスを吸収液に吸収して、この吸収液をイオンクロマトグラフにて分別定量し、試料中の含有量を求めることによって調べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *