SGSという企業とは

SGSはスイスのジュネーブに本拠地を置く企業で各産業分野における検査や検証、試験、公的機関により定められている規格の認証などを行っており認証企業としては世界最大の規模を持ち世界各国各地域に1800以上の事務所と研究所を有しています。

日本の法人はSGSジャパン株式会社です。1878年12月にフランスのルーアンで穀物の輸送途中における減少や盗難を検品、管理することを目的に出荷検査書として設立され、その後順調に事業が伸び設立よりわずか1年で拠点を数か所に増やし第一次世界大戦のさなかの1915年7月に現在の本拠地であるジュネーブに本部を移転、1919年に社名をSGSとし20世紀半ばには取り扱う対象が石油や自動車、パソコン、携帯などの消費財など多種多様な産業分野へと拡大し1981年にスイス証券取引所上場企業となりました。

SGSの主要なサービスとしては検査、試験、認証、証明という4つのカテゴリーにわかれており、世界トップクラスの検査および検証サービスによって数量および品質を管理しさまざまな地域や市場全体において該当するあらゆる規制要件に適合できるように支援、経験豊富な人材と試験設備の国際的なネットワークによりリスクを軽減し市場への投入の時間を短縮、安全性および規制基準に対する製品の品質や安全性および性能などを試します。認証を通して国内外の規格や規制、基準などに対しての適合性を実証し製品やサービスなどが世界基準および地域の規制に沿っていることを保証することです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *